カテゴリ:メンテナンス( 13 )

床暖房のトラブル2件

築4年 M様邸

床暖房が暖まらないときがあるとの連絡を受け、現地を確認する。
が、その時は作動してしまっていたため、原因の確定が出来ず。
後日、作動しない状態の時に連絡をいただくことにする。

先日、改めて連絡を受けて確認する。

ボイラーの燃焼部分で、ススが溜まって着火しにくくなっていたのが原因。

------------------
築10年 N様邸

昨日夜、床暖房が作動しないとの連絡を受け、今朝1番に確認。
到着時は作動してしまっていた。

床下の状況確認、およびボイラー部分の点検をする。

ボイラーの不凍液を循環するためのポンプがへたってしまって作動不良を起こしていたのが原因。
有償にて本日中にポンプ交換の手配。

------------------
しあわせ家 田尻より

あるととっても快適な床暖房ですが、
しかし、設備である以上、メンテナンスも必要になります。

ここのところ2件メンテナンスが続きましたので、報告しました。


特にN様邸は、数年前にもボイラーの基盤交換をした経緯があります。

日本製品はとても優秀だとは思うのですが、どうも電気系統と燃焼系統には「完璧」というわけにはいかないようです。

特にボイラーなどの燃焼系(特に灯油のもの)は、ススの問題などが多いようですね。
都市ガスのない地域ではやむを得ないところではあります。

かといって、ではエコキュートならいいのかというと・・・
実は、エコキュートでも基盤交換を2度経験しています。
メンテナンス不要、というわけにはいかないようです。

でも救われたのは、N様の奥さまに
「田尻さんいつも早く対応していただいてありがたいです」
と言っていただけたことでしょうか。

ご迷惑をお掛けしているのに、暖かいお気遣いをいただいてしまいました。
[PR]
by siawaseya8 | 2006-03-16 09:48 | メンテナンス

ドアノブが壊れてしまいました

4年ほど前に完成した某邸で、ドアノブが壊れてしまいました。

普通はドアノブを下にさげれば開いてくれるのですが、上に上げないと開いてくれない状態になってしまったのです。


------------------
日時を打ち合わせして、先ほど修理してきました。
ドアノブの金具が、中で一部破損してしまったようです。
部品を交換して、すぐに修理完了いたしました。

担当  しあわせ家 四代目 田尻
[PR]
by siawaseya8 | 2006-02-11 17:08 | メンテナンス

壁にシミができてしまいました

5年ほど前に建てさせていただいた某邸から、
「壁に水のシミが出来てしまった」
とのご連絡をいただきました。

f0055919_1444366.jpg


------------------
担当 しあわせ家 四代目 田尻

早速お伺いして調べたところ、
心配した雨漏り・菅漏れではないようでした。
(点検口からのぞいてみたり、屋根裏まで昇ってみた結果)

下の方ばかりが濡れているのが気になったので、床下に潜ってみると、当時使っていた「床下換気口」が、この場所のすぐ下で開きっぱなしになっていました。

それと、この部屋には出産したばかりの娘さんが里帰りしていて、ガスストーブを使っていること。
お子さんの洗濯物などをその上に干して乾かしていること。
締め切って換気をしていないこと。
また、この現象が起こった日は、この冬一番の冷え込みであったこと。

それらのことを合わせて考えて、「結露」であると判断いたしました。


対処としては、
「床下換気口」を冬は閉じる
時々窓を開けてもらう
という事から始めていただき、それで対応しきれない場合は熱交換型の換気扇を取り付ける等の対応を検討するということにいたしました。


その後1日経って、この状況はずいぶん良くなってきています。
このまま乾燥していくものと思われます。
[PR]
by siawaseya8 | 2006-02-09 14:55 | メンテナンス