2006年 08月 11日 ( 1 )

昭和30年代と今を知るお客様より

ご挨拶回りをしていると、地元のお客様のおうちでおじいちゃんにお会いしました。

このお宅は、数年前に敷地の中に別棟を建てさせていただいたお客様。

でも、このお宅の母屋は、昭和30年代に当社で建てさせていただいたものなんです。

その後わけあって他社さんで増築をしてはいますが、母屋のお茶の間やお座敷は建てた当時に近い形で残っています。
その当時は、我が社では2代目、ウチのじいさんの時代でした。

お客様のおじいちゃん曰く
「お宅のおじいちゃんになぁ、『おい、お前さんのウチはそろそろ建て替えじゃないか』『築25年ってば、そろそろ考えてもいいぞ』なんて言われて作り替えたんだよ」

・・・ウチのじいさん、スゴイ営業したんだなぁ・・・(苦笑)

「でも、おかげでまだしっかりしてるよ。100年持つように作ってもらったんだからな!」

おじいちゃんはそうおっしゃって、笑っておられました。

ありがとうございます、半世紀近くも大事にして下さって。
[PR]
by siawaseya8 | 2006-08-11 14:01 | お客様の喜びの声